mail_outlineメールでのお問い合わせはこちら

ラウリン酸

母乳にも含まれる成分で、抗菌作用を持つといわれています。赤ちゃんは、抵抗力をほとんど持たずに生まれてきますが、母乳で育ている赤ちゃんは免疫力が高く風邪もひきにくいと言われています。これは母乳に含まれるラウリン酸が、免疫力を高めて細胞を強くするという働きがあると言われているからです。

TOPへ